SDGs

Kaziプロジェクト SDGs宣言

我々Kaziプロジェクトは「家事シェアという選択肢を当たり前にする」を団体ビジョンとして掲げ、女性の家事負担軽減、男性の家庭進出の推進活動を行っております。

活動に伴い、国連において採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」を活動の重要な目標と捉え、社会的課題の解決に向けて、共働き世帯のご家庭、地域の皆様とともに、持続可能な社会の実現に貢献します。

Kaziプロジェクトが取り組む重点目標

SDGsマルシェ2021にて妊婦体験を実施!

6月27日(日)に仙台で開催されたSDGsマルシェ2021にKaziプロジェクトが出展させていただきました。今回は初の試みとして「妊婦体験」を実施させていただきました!実際に体験していただいた男性の方々の意見、気付きを紹介させていただきます。

妊婦体験ジャケットを体験された男性の方々の感想や気付き
Kaziプロジェクトののぼりと副代表 二戸

妊婦体験をされた方々の感想としては「重い!」「寝るのが大変そう、、」といった声もあり、よりパートナーへの思いやりの気持ちや、妊婦さんに対する見方が変化したり、気づきもあったようです!

また、家事見える化シートの体験も子育て中のご夫婦や子育て未経験のカップルの方々にも体験していただきました。
体験された方の感想を紹介します。

見える化してみて、もっと家事・育児をやらないといけないなと感じました  男性

見える化したからこその気づきがあったようですね!

「妊婦体験」「家事見える化シート」を体験していただいた方々、本当にありがとうございました。
体験いただいた方々の意見、気づきをもとに今後も「良い体験」を提供できる場を作っていけたらと思います。

マタニティ&ベビーフェスタ2021への参加

6月19(土)、20(日)パシフィコ横浜にて開催されたマタニティ&ベビーフェスタ2021に、Kaziプロジェクトが出展させていただきました。我々の隣のブースにて出展されていたきたじまさんご夫婦に「家事見える化シート」を体験いただきましたのでご紹介します。きたじまさんは「ニューボーンフォトグラファー」として出展されていました。

きたじまさんご夫婦
お二人で家事を見える化している様子

家事はお二人でバランス良くご協力されている様子でした!他にも多くのご夫婦の方々に「家事見える化シート」を体験していただき、ご意見、感想もいただくことができました。

SNS等で「家事見える化シート」を拝見したとの声もいただくことができ、少しずつではありますが認知も広まっているのかと思うと嬉しく思います。

今後も様々なイベント、ワークショップを通して、家事育児に悩みを抱える方、不安がある方々に情報を届けられるよう努めてまいります。

お忙しい仲、体験していただいた方々には本当に感謝しております!ありがとうございました!

見える化シート体験ワークショップ

2020年11月14日(土) エル・パーク仙台にて「家事見える化シート」の体験ワークショップを開催しました〜!

この度、ご参加くださったご夫婦をご紹介いたします!

「家事見える化シート」の体験 第1号のご夫婦

家事見える化シート体験中

<参加されたご夫婦の感想>

料理のスキル、キッチン掃除など台所に立って作業する回数が少ないので、今後台所での作業を少しずつ増やしていきたい。 30代 男性

家事・育児のやることの多さを改めて実感した。今後も定期的にマグネットシートを活用して見直しをはかっていきたいです。 30代 女性

現状の家事分担は、ほぼお二人で協力されているとのことでした!
普段は言えないけど、パートナーに対する感謝をお聞きしたところ、お互いにとても感謝している様子で我々も大変心温まりました、、!
ご参加くださり、本当にありがとうございました!

ご結婚前のカップルのお二人

<参加されたカップル お二人の感想>

普段パートナーに甘えてほとんど家事をやってないことに気付き、これからは少しでも手伝えるようにしようと思いました。 20代 男性

参加しなければ考えることもほぼなかったことなので、家に帰ってからも相談し会える良い機会になったと思います。 20代 女性

シートを体験していただき、家事の多さ、分担割合を把握することで、新たな気付きもあったようです!
今後、話し合いにシートを活用していただけるとのこと!ぜひ、少しずつより良いお二人の家事スタイルを構築していっていただだけたらと思います!

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!!

持続可能な開発目標SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

出典:外務省 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html